照明というのはとても熱い

舞台照明のなかにスポットライトという照明があるのですがこれはあまり気にしたことがない人が多いでしょう。しかし、言葉としては知っているということも多いです。なにしろ、スポットライトを浴びる、ということがあるわけですから、直接その人に当てるライトというイメージを持っているわけですが、実際には全体を照らすことができるスポットライトというのも存在していますから別に細かく人に充てなければならないというタイプのライトでもないです。今はLEDという手段がありますからそこまででもないのですが、 スポットライトというのは異常に熱いので取り扱い注意しなければならないようになっています。ですから、照明をしている人というのは常に熱い、ということになります。最近ではあまり熱をはっすることがないようなものもあるのですが、基本はそうなってしまうので覚悟しておいたほうがよいでしょう。ちなみにやはり照明器具というのもそれなりの金額がすることになります。