照明にも技術があるわけです

劇場の照明調整というのもなかなか奥が深い分野であり今ではコンピューターで操作をするというのが当たり前になっていますがやはり手で操作されるスポットライトのようなものもありますし、技術職になっていることは確かです。照明の当たり具合によってかなりその人がどのように見えるのかということに影響があるのは間違いないのです。照明器具というのは高価なものが多いですからかなり信用できる人にしか使わせないということも基本になっています 。

 

ちなみにかなりの熱量ではあるのですが、別に扱うことに資格が必要なわけではない、というところも大きなポイントになることでしょう。照明の当て方ということだけでも十分に学ぶべき価値があることであるコンサートなりライブ会場になりではこういうことが意識されて設計されているわけです。そのための学校というのも存在します。そのくらい凄いことであり、計算しつくされてその場で最高のパフォーマンスを出すことができるような証明のやり方を考えられているわけです。